グルコサミンとコンドロイチンのW効果
関節炎対策

グルコサミンとコンドロイチンのW効果

コンドロイチンのサプリメントを購入しようと色々な商品を見ていると、グルコサミンがセットになって配合されているサプリメントがとても多いという事に気が付きます。
コンドロイチンもグルコサミンも、軟骨、関節に深く関係する物質ですが、体内に同時摂取することで相乗効果を得られることで、両方が配合されたサプリメントが多くなっているのです。

コンドロイチンは軟骨成分の結合に必要不可欠で、保水性が非常に高いため、軟骨を保護する働きがあります。
グルコサミンは軟骨そのものを活性化し、成長を促す成分です。
成長を促す軟骨そのものに作用するグルコサミンと、その成長を維持し保護する役割があるコンドロイチンを同時に摂取することでより高い効果を狙える、つまり、相乗効果が期待できるというわけです。

例えば関節痛などに悩まされている方は、軟骨がすり減っていることが多いです。
そのすり減った軟骨の再生に力を発揮するのはグルコサミンです。
生成の為に働きます。
コンドロイチンはしっかり再生できるように軟骨を支える力、また軟骨機能を強化する働きで補修効果をアップしてくれるのです。
ダブルの成分で高い相乗効果が生まれるのですから、やはり、コンドロイチンとグルコサミンは同時に摂取した方がいいのです。
また、年齢を重ねると記憶力も衰えてくるので、脳の老化防止にはアラキドン酸http://xn--cckway3f5c6el3e1764j.net/を摂取してみてください。

このページの先頭へ